戦う妊婦ちゃん〜第六夜

どうやら女の子らしいです。

クッソ〜!!!
100人中100人に女の子だと思うと言われて、うるせぇ女の子じゃねぇよ!!!と言い続けてきたのに、
ほらね?と言う100人のドヤ顔が思い浮かんで悔しいぜ!!!!

息子に「悪者はボクがやっつけてあげる!ママは僕が守るからね!」と言われる夢が崩れた…
そんな息子も思春期になり「ババア俺のジーパン勝手に洗ってんじゃねぇよ」と言われ、昔はあんなに可愛かったのに…と嘆いていたら彼女連れてきて結婚するとか言い出して、その嫁がどうしようもないアホ嫁で嫁姑確執問題が勃発しつつも孫はやっぱり目に入れても痛くないほど可愛いわぁ小さい頃の息子にそっくりでねぇ〜という夢が崩れた!!!!

女の子なんていう複雑な生き物どう育てて良いかわかんねぇよ。不良妊婦ことアンナですどうもこんにちは。
ただいま妊娠7ヶ月。早いものですね予定日まで100日切りました。

仕事も退職し、バンドの産休に入るまでのラストスパートって感じで、バンド活動に尽力しつつ、色々先送りにしていた妊婦活動を始めている訳ですが…

出産の話を聞いたり調べたりしていると、やっぱり本当に怖い!今はただただ恐怖でしかないです。
出産すると髪の毛は抜け落ち、歯も抜け落ち、肌もシミやシワでボロボロになり、体型もダルダルに崩れ、骨もカスカスになり、最悪の場合は死に至る…しかも保険は効かない…
特に美に対してなかなかの執着心を持つ私に取っては、元に戻るのか?!戻らないのか?!という怖さ…

そして調べている中で1番怖かったワードは、

「あそこがズタズタになった。」

ズタズタ!!!!!!
ズタズタって何よ!どういう事よ!
赤ちゃんが出てくる為にメスで会陰切開する事は女性なら誰でも聞いた事はあると思うけど、それだけでは足りず産道まで裂けたりする事も少なくないそうだ。
もう膝から崩れ落ちる勢いでショッキングワードだわよ。
大丈夫大丈夫!世のお母さん達はみんな経験してるんだし。
って言うけどさ!私何歳だと思ってんの!
怪我だって治り遅いし顔についた枕の跡だって全然消えないのに、ズタズタになった部分がすぐに治ると思えないわよ!!!!!
ワーン!怖いよ怖いよ!産みたくねぇよ!
正直なところ、ぜーんぜん覚悟なんて決まらないし、ただただ恐怖に怯えつつ挑むしかないよね。

ちなみにですが、私は無痛分娩を推進している病院を選びました。
無痛という名はついているものの、無痛ではないらしく少し痛みが減るくらいで、つまりは麻酔を使って産む方法。経験者の方によると、騙されたー!と叫んだくらいで全然痛いらしいけど…
それでもアメリカなど海外では主流の方法。
余計な体力を消耗しないので、産後の身体の戻りも早くなるらしい。
痛みが少ない方が良いのはもちろんだけど、「痛みを感じないと母親になれない」「自然な出産じゃない」という日本の古い考えに対するアンチテーゼとして選びました。
医療が発達している現代なら痛みを減らすのは当然の事。わざわざ痛みを味わう方がよっぽど不自然だと私はずっと昔から思ってきたからです。
ですが、妊娠が発覚していざ病院!という時に、無痛分娩の出来る病院の少ない事…
麻酔を使える先生が常駐している病院が少ないのが理由みたいですが。
他にも聞いた話では、病院によって年齢制限があったり、1度帝王切開をしてると普通分娩をさせてくれる病院がなかったりだとか、妊婦さんの病院探しも意外と大変なんです。
少子化問題というなら妊婦さんが自分の希望通り産めるのが当たり前の世の中になって欲しいと思います。
ま、私もまだ無痛分娩を選んだだけで、何か問題が起これば問答無用で腹を切られるんですけどね。
ヤダヤダ、あー怖い。
出産レポに無痛分娩マジサイコー!出産超楽勝!とか書ける未来でありますように…

恒例の最近良く撮れた自撮りで本日もお別れしたいと思います。コンビニでE-girlsの人ですよね?と声をかけられた日のものです。あ!殴らないで!
しかし問答無用でビューティプラスの文字が入るようになってしまいました。
もう加工ですら綺麗になれないのか…

ライブ中にオムツの差し入れをオネダリする私のがめつさが1番醜いという…
ベビーベッドや新生児用肌着も募集中♡

ではまた二ティ!
スポンサーサイト
PROFILE

ANNA

Author:ANNA
HITOMISHIRI
HIKIKOMORI
HENTAI
の3Hです。よろすく。

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示