戦う妊婦ちゃん〜第ニ夜

今私は、史上最大級にオッパイがデカい。

妊婦になり日々成長していく胸を見て、「己にもこんな潜在能力があったとは…もっと早く発揮してくれや!」と思いつつ喜んでいたのだが、ここ数日成長に遅れが見られる。いや、成長して、な、い…?

ここで今一度自分の胸に問いたい。
お前の全力はここまでなのか?もっと頑張れるんじゃないのか?まだまだ貧乳の域から脱してはおらぬぞ?
オイ、オレの胸、さぁやるのかい?やらないのかい?どっちなんだい!


や!る!


じゃ、ねーよ。どうも不良妊婦ことアンナです。
前回のブログでけん制し、相当めんどくセー奴というイメージ作りが功を奏し、妊娠についてあんまり人からアレコレ事言われなくなってきて非常にストレスフリーで生活出来ております。
そればかりか、結婚しているバンド女子に、「アンナさんが前列を作ってくれたら、私も子供を作る勇気が湧きます!」なんて言われちゃって、若干悦に入る所存であります。

数年前、自分も子供が欲しいと思った時、前例がなかった。「バンド、妊娠、妊婦」とか健気にネットで検索してみても何も見つからない。
もちろん先輩で子供が出来た人はいても、みんなバンドを卒業してお母さんになっていった。
私はバンドを続けながら子供を産んで育てたいと思っていたので、それは絶対に無理な事なのかな…どちらか一つを選ばなければいけないのかなと日々考え悩み続けていた。

そんな時、ロックの神様である、ギターウルフのセイジさんとお話する機会があった。何故かセイジさんは、バツイチになったばかりの私に「子供は素晴らしいよ!絶対に産んだ方が良い!」と言ったのだ。(バツイチというのを知っているのに!)「でもまだまだバンド続けたいんで…」と答えたら「やれば良い!君が子供がいてもバンドを続けたら、旦那さんが素晴らしいということになる!」と言われ、よく分かんないけど、その通りだな!と何故か勇気が湧いたのであった。

つまり!私が思うに!
バンド女子がバンドを続けながら妊娠出産する為には、良い男を見る目を養う事が不可欠!寧ろそれのみに尽きると言える!
そして、自分の男を良い男にするのもダメな男にするのも、己次第と心得よ!
女も男次第だが、男も女次第だと思うのよね。
自分の夢ややりたい事を心から応援してくれて、その為なら子供を見ていてくれる人。そんな人が旦那様ならきっと続けられるんじゃないかな。「ウチの旦那じゃダメだ…」と思っている貴女!その考えが男をダメにしている!私はずっとバンドを続けられると信じています。

ゲスい胸の話から始まって若干綺麗にしめてしまいました。え?綺麗じゃない?
知らねーよ。


今週末もライブブチかましたるんで、夜露死苦!妊婦だからってなめんじゃねぇぞ!全力でかかってこいや!!!
スポンサーサイト
PROFILE

ANNA

Author:ANNA
HITOMISHIRI
HIKIKOMORI
HENTAI
の3Hです。よろすく。

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示